【PENTAX K-70】電子ダイヤルのカスタマイズ

PENTAX

PENTAX K-70には、2つの電子ダイヤルがついています。

PENTAX K-70 電子ダイヤル

K-70では、この電子ダイヤルに割り当てられている機能を自由にカスタマイズすることができます。

よく使う設定を割り当てておくと設定変更がスムーズになり、とても便利です。ファインダーをのぞきながら、またはライブビューをみながらでも簡単に操作できる、というわけですね。

先日、RICOHの「写真三昧」で紹介されているカスタマイズを使ってみたところ、とてもよかったので紹介します。

スポンサーリンク

K-70の電子ダイヤルのカスタマイズ

私は絞り優先モード(Av)をよく使うのですが、デフォルトでは後ろダイヤルが「絞り」の操作になっています。

PENTAX K-70の絞り優先(Av)モードの電子ダイヤル

絞り優先モード(Av)でよく使うのは、絞りの操作と露出補正だと思いますが、デフォルトの設定だと

  • 後ろダイヤルで絞りの操作
  • 露出補正は「露出補正ボタン」を押してから後ろダイヤルで操作

という少しめんどうな仕様になっています。

「露出補正ボタン」がやや微妙な位置にあるため、ファインダーをのぞきながらだと操作に戸惑うこともあります。

露出補正ボタン

前ダイヤルに露出補正を割り当てる

そこでRICOHの「写真三昧」で紹介されている方法です。

前ダイヤルに「露出補正」を割り当てることで、露出補正の操作がとてもスムーズになります。

PENTAX K-70の電子ダイヤルのカスタマイズ

絞り優先モード(Av)で必要な操作が、ダイヤルだけでできてしまうんですね。ファインダーをのぞきながらでも、ライブビューをみながらでも簡単に操作ができます。

露出補正がダイレクトにできるのは、すごく便利です。

設定方法

電子ダイヤルのカスタマイズは、MENUから行います。

「MENU」 から「 電子ダイヤルのカスタマイズ 」とすすみ、次のように設定します。

 前ダイヤルに露出補正「+/-」を設定するわけですね(後ろダイヤルは最初から絞りになっているのでそのままでOKです)。

これで「露出補正ボタン」を押さなくても、前ダイヤルで露出補正ができるようになります。

ダイレクトに操作できるので、撮影がかなりスムーズになりますよ。

まとめ

私はこの設定にしてから撮影がすごく楽になりました。指の位置も自然で、操作に迷うことがなくなりました。瞬時に設定を変更できますし、本当に便利です。

今回紹介した「写真三昧」のカスタマイズはK-3を例に書かれていますが、K-70でも使うことができます。

ペンタックス機は操作が共通しているのでありがたいですね。よかったら参考にしてみてくださいね。

PENTAX
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!