COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~

Nikon

COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。

前回の記事はこちら↓

COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その1 ~ボケについて~
COOLPIX B700を「手軽に使える一眼」として検討している人も多いのではないだろうか。 一眼レフと同様のモードを持ち、レンズ交換なしでクロー...
スポンサーリンク

B700の階調について

階調とは「色彩表現の幅」「色彩表現のなめらかさ」のことをいう。階調が豊かなほど、写真がキレイにみえやすくなる。

階調は「センサーサイズの大きさ」によって左右される。大きいほど階調が豊かになる、というわけだ。

COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~さて、B700だが、デジタル一眼に比べるとセンサーサイズがかなり小さい。「1/2.3型」というサイズで、コンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジと同じサイズのものを使っている。

COOLPIX B700 レビューその3 ~センサーサイズについて~
NikonのCOOLPIX B700のレポートも3回目になった。今回はセンサーサイズについてみてみよう。 B700は「ネオ一眼」と呼ばれることもあるが、分類的...

そのため、一眼レフに比べて、色彩表現の幅が狭くなる。ダイナミックレンジ(明暗の幅)も同様だ。

ぺったりとした色になってしまったり、色の変化が極端になったり、白とび・黒つぶれしやすかったり―といったことが起こるわけだ。

階調・ダイナミックレンジが狭いとどうなる?

たとえば、この写真の背景をみてみよう。

B700 白とび耐性と階調すずめの上のほうは、葉っぱの間から光が差しているところだが、色の変化がずいぶんとおおざっぱだ。真っ白になっている部分と、青みがかった部分がはっきりとわかれてしまっている。

階調やダイナミックレンジが豊かであれば、明るい部分がここまで極端にならず、白から青への変化もなめらかになるのだが、残念ながらB700でははっきりと色が分かれれてしまう。

どうすればいい?

階調・ダイナミックレンジの狭さは、工夫することでかなり補える。たとえば、明暗の差が極端ではないシーンを選ぶのも手だ。

B700 明暗差を考えて撮るこの写真は、上のすずめの写真よりもずいぶんと背景が落ち着いている。強い光を避けるだけでもかなり違いが出る。

また、色彩表現の幅に関しては、コントラストを下げて撮るのも1つの方法だ。

B700 色彩表現の幅について特に原色系が含まれる被写体は、コントラストの調整で「ぺったり感」がかなり解消される。

まとめ

一眼レフであれば普通に撮影できる場面でも、B700では工夫が必要になる。この点は、前回の「ボケ」と同様だ。

次回は、ファインダーについてみていこう。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその2 ~豆粒ぐらいにしか見えなかった鳥にチャレンジ~
前回にひきつづき、NikonのCOOLPIX B700のレポートをしていこう。 今回はくもりの日の夕方、肉眼では豆粒ぐらいにしか見えなかった鳥にチャレンジして...
COOLPIX B700で鳥以外も撮ってみる
COOLPIX B700を、鳥以外に使った例も紹介しよう。こちらはひょっこりと顔を出したニホンカナヘビの子供。小指ほどもない、本当に小さな子だった。 少し離れ...

 

Nikon機材
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!