COOLPIX B700 レビューその7 ~いかにイエローをマイナスするか~

Nikon

COOLPIX B700のレポートも7回目になった。今回は、B700の画(え)の癖であるイエローについて書いてみよう。

以前のレビューでも書いたが、B700は基本的に黄色みがかった調整が入りやすい傾向にある。

あたたかみが出やすい反面、その調整が過剰に思える場合もある。

スポンサーリンク

イエローをどう扱うか

B700は普通に撮ると、黄色の補正がやや強めに入る傾向がある。簡単にいえば、「イエローのフィルターをかけたような」色合いになりやすい。

オートホワイトバランスではその傾向が強く、かなり癖がある印象だ。

COOLPIX B700 レビューその4 ~ホワイトバランスについて~
NikonのCOOLPIX B700のレポートも4回目になった。今回はB700で最も私が気になっている点、ホワイトバランスについてみてみよう。 B700は、全...

決して悪いわけではないが、「実際に見た色」よりずいぶんと全体が黄色っぽくなってしまうケースがある。

気になる場合は、撮影時や補正時にイエローをマイナスにすると、画の雰囲気がずいぶんと変わる。

どのぐらいマイナスするか

COOLPIX B700 オニオオハシ

イエローのマイナスの度合いだが、一定にするのではなく、被写体のイメージによって変えるのが確実だ。

ちなみに上の鳥は、最初にオートホワイトバランスで撮った時、全体がずいぶんと黄色がかってしまった。

そこで次に撮るときは「目の横のほうにある白い部分」がそこそこ白に近くなるように調整した(下のほうは、もともとくちばしの色が反射して黄色くなっている)。

さらにイエローをマイナスする手もあるが、この鳥の「不思議な質感」を出すには、やや残し気味にするのが最適だったので、この調整にしている。

つづいては、イエローを大きくマイナスしたものをみてみよう。

COOLPIX B700 作例こちらはずいぶんシュッとした感じになった。

実物よりもややおとなしめの色合いだが、B700でなりがちな、けばけばしさも緩和された印象だ。

好みのよるところもあるが、B700で撮った画の色合いが気になるときや、けばけばしさが気になるときは、大胆にブルーに転ばせるのもよい方法だ。

 

【本日の鳥メモ】オニオオハシ(トップの写真)

体の全長に対するくちばしの長さが占める割合が世界最大の鳥。おもちゃみたいに見えるが本物の鳥だ。全長は60cmほどある。2枚目の写真は「キムネチュウハシ」。こちらは全長20cmほどの鳥だ。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその2 ~豆粒ぐらいにしか見えなかった鳥にチャレンジ~
前回にひきつづき、NikonのCOOLPIX B700のレポートをしていこう。 今回はくもりの日の夕方、肉眼では豆粒ぐらいにしか見えなかった鳥にチャレンジして...
COOLPIX B700で鳥以外も撮ってみる
COOLPIX B700を、鳥以外に使った例も紹介しよう。こちらはひょっこりと顔を出したニホンカナヘビの子供。小指ほどもない、本当に小さな子だった。 少し離れ...

 

Nikon
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!