K-70の画について

PENTAX

 K-70での撮影をたのしんでいる。

初のペンタックス機ということもあり、まだまだカメラの癖をつかみながらの撮影だが、非常に面白い画がでるカメラだと感じている。

PENTAX K-70 ファーストインプレッション
PENTAX K-70がいよいよ私の手元にきた。私にとって初のペンタックス機だ。 今回はファーストインプレッションと題して、K-70の使用感をレポートをしてい...
スポンサーリンク

ディフォルメの仕方がユニーク

K-70の画は独特だ。PENTAX機全般の特長かもしれないが、ディフォルメの仕方が非常にユニークだ。

基本的には「記憶色」寄りの画だと思うが、ややイラスト方向に転ぶような印象だ。もちろん設定を変えれば「見たままの色」で撮ることもできるのだが、この独特のチューニングをたのしみたいような気になる。

何気に「メニューの使いやすさ」もすばらしい。設定の確認・変更が非常にスムーズでいい。私はよく設定を変えるので、この使いやすさは嬉しいところだ。

 

 

PENTAX
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!