いよいよPENTAX ~K-70に決定!~

雑記

どの機種にするか迷っていたペンタックスのカメラだが、ついに決まった。

K-70だ。

どの機種も本当に魅力的だったが、バリアングル液晶と14bitRAWが決め手になった。

スポンサーリンク

K-70の主なスペック

あらためてK-70のスペックをみてみよう。

撮像素子APS-C
有効画素数2424万画素
撮影感度標準ISO100~102400
シャッタースピード1/6000~30秒
連写撮影6コマ/秒
ファインダー形式ペンタプリズム
ファインダー視野率100%
撮影枚数ファインダー使用時 480枚
RAW14bit
防塵防滴構造
ローパスセレクター

K-70は、基本はローパスフィルターレス仕様で、シーンによってローパスフィルター効果を出すことができるようになっている。

そして、ペンタックス機といえば「ファインダー」だろう。ペンタプリズム搭載、ファインダー視野率100%だ。

D40以来の一眼レフ

よく考えてみたら、一眼レフはNikon D40以来である。

しばらくミラーレス一眼を使っていたこともあって、ずいぶん久しぶりの一眼レフとなった。

D40の発売は2006年。有効画素数610万画素と時代を感じさせるスペックだが、いい画を出すので手放せないカメラだ。懐かしのCCD機でもある。

すでに修理受付が終了しているので故障が怖いところだが、長く使いたいカメラだ。

まとめ

そんなわけで、久々の一眼レフ、そしてペンタックスデビューが近づいてきた。いろいろ遊べそうなカメラで、非常にたのしみだ。

 

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

もうすぐPENTAX ~K-70をついに注文~
ついにPENTAX K-70を注文した。いよいよ私もペンタックスユーザーである。 今回注文したものを紹介していこう。 まずは、K-70のボディ単体だ...
今、K-50を買うのはアリなのか
今、PENTAXのK-50を買うのはアリなのか。このところそんなことを考えている。 2013年発売と少し前のカメラになるが、写りも私好みで中古の価格も手ごろ。...
気になるPENTAX
前々からPENTAXのカメラが気になっていたのだが、ここに来て本格的に欲しくなってしまった。 きっかけはK-5である。たまたま中古カメラ店でみて、心をつかまれ...
雑記
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!