COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その4 ~レリーズタイムラグについて~

Nikon

COOLPIX B700と一眼レフの違いについて、これまでは「センサーサイズの違い」を中心に話をしてきたが、実はもう1つ大きな違いがある。

それは「レリーズタイムラグ(シャッタータイムラグ)」である。

スポンサーリンク

B700のレリーズタイムラグ

B700は、シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでの時間が長い。あまり動かないものであれば十分にとらえられるが、鳥のようによく動く被写体だとタイミングがずれることが少なくない。

B700 レリーズタイムラグについて 作例画像そのため、単写で撮る場合は、先取りしてシャッターボタンを押す必要がある。「見てから」だと間に合わないからだ。一眼レフの感覚でいくと、間違いなく遅れてしまう。

特にB700は、シャッターボタンの押し込みがやや深めということもあり、タイミングがずれやすい傾向がある。一眼レフのようにはいかないので注意が必要だ。

まとめ

B700で三脚を使うのであれば「先取り連写」や「連写」といった方法も使えるが、手持ちで撮る場合はレリーズタイムラグとの戦いになる。人によってはセンサーサイズの違い以上に、一眼レフとの差を感じるかもしれない。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その3 ~ファインダーについて~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「ファインダー」についてみていこう。 B700はしくみは違うものの、一眼レフと同じようにファ...
COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。 ★前回の記事はこちら↓ B700の階調に...

 

Nikon
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!