【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し

Nikon

NikonのCOOLPIX B700は、4K動画から静止画を切り出すことができる。今回は、「4K動画からの切り出し」をしばらく使ってみた感想をかいてみよう。

4K動画からの切り出し その1はこちら

COOLPIX B700で、4K動画&4K動画からの切り出しをやってみた
NikonのCOOLPIX B700を購入してしばらく経つが、今日ははじめて4K動画を使ってみた。 ついでに「4K動画から静止画の切り出し」もやってみた。 ...

 

スポンサーリンク

4K動画から静止画の切り出し

B700で4K動画から静止画を切り出すときは、カメラ本体で行う必要がある。

手順は次の通りだ。

  1. 撮った動画を再生し、切り出したいところで一時停止。
  2. コマ送りをして、ベストなところで切り取り

といった形で切り出すことができる。動画の中から最適なシーンを選べるので、非常に便利だ。

4K動画から切り出したものをいくつか紹介しよう。

カワセミ

B700 4K動画からの切り出し カワセミ

こちらはカワセミだ。4K動画からの切り出しは、通常の写真とは画面の比率が変わる。やや横長の比率になる。

4K動画からの切り出しは、おまけ的な機能と思っていたのだが、大きなにじみや破綻もなく、想像以上にキレイな仕上がりだ。

ピント合わせも写真の時ほどのシビアさはなく、おおよその位置でもカメラが調整してくれる印象だ。

ヒレンジャク

B700 4K動画からの切り出し ヒレンジャク

こちらはヒレンジャクだ。せわしなく動いていたが、ちょうどいい位置に顔を向けたところを切り出してみた。

実は4K動画の撮影中、はばたきの瞬間もあったのだが、それはうまく切り出せなかった。

切り出しはフレーム単位になっているのだが、B700はフレーム数が少ないため、正直、選べるコマが大ざっぱなのである。

動画で撮ったからといって、すべてのシーンを切り出せるわけではないので注意が必要だ。

B700 4K動画からの切り出し ヒレンジャク

シーンによっては、黄色や緑にひっぱられた画面になる。

イエローやグリーン寄りになるのはB700の性質なので、撮影時または撮影後に調整するのがよいように思う。

ツグミ

撮り方としては決してほめられたものではないが、曇り空をバックにしたツグミを撮ってみた。

【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し ツグミ

正直、もっとにじんだり破綻するかなと思っていたのだが、全体によくまとまった印象だ。

 

【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し ツグミ

ここでは挙げなかったが、シーンによってはパープルフリンジがみられるものもあった。

まあ、こんな条件で撮るからだという話だが、ソフトがあれば簡単に補正できる程度のものなので、さほど気にすることもないかもしれない。

ちなみに、ツグミはこの秋、帰ってきたばかりのところを撮ったものだ。条件的にはよくない撮り方だが、ツグミが帰ってきた記念に撮ってみた。

まとめ

荒削りな面もあるものの、切り出しをカメラ本体で行えるのは、非常にいいことだ。専用のソフトを使わずとも、かんたん操作で切り出すことができる。

特に便利なのは、手ぶれでの失敗を気にしなくてもいいということだ。単写や連写と違って「その瞬間」を撮る必要がないので、気楽に撮ることができる。

欲をいえば、作業中に拡大することができればベストだが、さすがにそれはぜいたくというものだろう。

 

\ COOLPIX B700 こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 連写の設定方法
今回は、COOLPIX B700の連写の設定方法について書いてみよう。 画質を保ちつつ、どのモードでも使える連写は次の通り。 ・連写H:約5コマ/秒で約...
COOLPIX B700 レビューその9 ~B700で昆虫を撮る2~
前回の記事にひきつづき、COOLPIX B700の望遠側を使った昆虫撮影についてみていこう。 B700は、光学ズームで焦点距離1440mm相当(35mm判換算...
COOLPIX B700でコゲラを撮る
コゲラがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。 体長15cmほどの小さなキツツキである。 B700でコゲラを撮る コゲラは木にとまると、スルスル...
Nikon
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!