なかなか出会えないビンズイ

Nikon

撮影に行くと、さほどめずらしい鳥でなくても、よく出会う鳥とそうでない鳥がいる。

私にとって、なかなかお目にかかれないのがビンズイだ。姿がみえたと思うと、すぐにどこかに行ってしまう。地面にいるかと思えば、とことこと遠くに歩いていってしまう。

そんなわけで、なかなか撮ることのできなかったビンズイだが、この日は初めて撮影することができた。

地面から木に移動したところを撮ることができた。手前の枝がなければよかったが、まともに姿をとらえることができたのは、これが初めてである(笑)。

この日は、ビンズイとの距離をさらに縮めることができた。

撮影はCOOLPIX B700だ。薄暗い木の中&逆光気味ということもあり、写りとして厳しい面はあるが、なかなか出会えなかった鳥を撮れるのはうれしいものだ。

ビンズイは、こうしてみるとツグミに似た雰囲気があるが、胸のもようが縦に長い。また、画像では少しわかりにくいが、背中のあたりがややオリーブがかった色をしている。

ちなみに、ビンズイの全長は15~17cmほど。写真でみると、けっこう大きくみえるが、スズメよりほんの少し大きいぐらいのサイズである。

ビンズイの鳴き声を文字にすると「ビーン」「チクチャクチッ、チャッピツチッ、チリリリ、ズイー」といった感じになる。

しかし、一度撮ると「次はもっといいショットを」と思ってしまうのが人情だ。私にとってなかなか出会えない鳥であるビンズイだが、また出会えることを期待したいものである。

 

 

\ COOLPIX B700 こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその9 ~B700で昆虫を撮る2~
前回の記事にひきつづき、COOLPIX B700の望遠側を使った昆虫撮影についてみていこう。 B700は、光学ズームで焦点距離1440mm相当(35mm判換算...
COOLPIX B700でコゲラを撮る
コゲラがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。 体長15cmほどの小さなキツツキである。 B700でコゲラを撮る コゲラは木にとまると、スルスル...
COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。 ★前回の記事はこちら↓ B700の階調に...
Nikon
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!