OM-D E-M5には妙な愛着がある

OLYMPUS

OM-D E-M5を修理するか買い換えるか―。まだ迷っている。

普通に考えれば、デジタルもので5年も前の機種なのだから、買い替えるのがいちばんだろう。私もそう思っている。

だが、私の中にE-M5には妙な愛着があり、どうにも踏ん切りがつかないというのが正直なところだ。

スポンサーリンク

E-M5

E-M5は、線の太さや画にわりと癖がある。それがうまくハマるといい味がでるが、ハマらないと癖がやたらと目立つ―そんな傾向がある。

私が好むモチーフ&撮りたい画のイメージは、どうやらE-M5の「ハマらないほう」にあたるようで、撮影時の設定やチューニングに苦労することが多い。

だが、その分、うまくいった時の喜びは大きくて、なんというかな、その気難しさとつきあうのが楽しかったりするカメラなのだ。

ちなみに、今回のトップ画像はほぼデフォルトで撮ったもの。モチーフにもよるが、かなりこってり&線が太めの画が出る。

好みもあると思うが、私はもう少し抑えた画を撮りたいので、あれこれと設定を変えるというわけだ。

また、全体にまわりの色に引っ張られやすい印象があるので、このあたりのチューニングも考えどころだ。

上の画像でいえば、全体が赤に引っ張られた感もある。これはこれで面白いかもしれないが、デフォルトだとこのような「濃い画」が出やすい傾向がある。

E-M10 Mark2を触ってきた

先日、店頭でE-M10 Mark2を触ってきた。

デフォルトでもすっきりとした感じの画が撮れそうで、買い換えれば、おそらくE-M5で苦労している部分はかなり解消されるように思う。

だが、同時に寂しさも感じるのだ。苦労もたのしさなんだよなあ、なんてことも思ったりする。まさに「妙な愛着」なのである。

さて、どうしたものかな。

OLYMPUS
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!