TAMRON SP AF90mmかsmc PENTAX-D FA100mmか

PENTAX

K-70で使えるマクロレンズに

  • TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO
  • smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR

があります。

両方とも評価の高いレンズで、どちらにするか迷っている方も多いかと思います。私もずいぶんと迷いました。

2つのレンズの比較と、それぞれの特徴をピックアップしてみました。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

TAMRON 90mmとD FA100mmの違い

スペック比較

どちらを選んでも後悔はないといわれる「TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO」と「smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR」ですが、スペック表をみるといろいろな違いがあります。

 タムロン90mmD FA 100mm
レンズ構成9群10枚8群9枚
絞り羽根枚数9枚 8枚
焦点距離90mm(換算135mm) 100mm(換算150mm)
最大撮影倍率1:11:1
最短撮影距離0.29m 0.303m
開放F値F2.8F2.8
防滴なし簡易防滴
QSFSなしあり
最大径・長さ71.5×97mm65×80.5mm
 重さ約405g約340g
フィルター径55mm49mm

近いスペックといわれている両レンズですが、こうしてみるといろいろな違いがあることがわかります。

焦点距離

どちらも中望遠といわれる焦点距離のレンズになります。APS-C機につけると、焦点距離を1.5倍した画角になります(ペンタックス公式では1.53倍で計算)。

換算すると、タムロン90mmがおよそ135mm相当の画角、DFA 100mmがおよそ150mm相当の画角になります。

写る範囲はD FA100mmのほうが狭くなりますが、その分、タムロン90mmよりも遠くのものを大きく写しやすくなります。

最短撮影距離

最短撮影距離は、被写体にどこまで寄れるかを表しています。

スペック的にはタムロン90mmが0.29m、D FA100mmが0.303mとなっています。

・・・が、同じ位置から撮る場合、D FA100mmはタムロン90mmよりも少し大きく撮れますので、パフォーマンス的には両レンズとも同等と考えてよいかと思います。

簡易防滴・QSFS

両レンズの機能面での大きな違いが、簡易防滴とQSFS(クイックシフト・フォーカス・システム)の有無です。

どちらもタムロン90mmにはなく、D FA100mmのみにあります。

QSFS(クイックシフト・フォーカス・システム)は、AFで合焦した後にフォーカスリングでピントの微調整ができる機能です。より細かいピント合わせができるので、マクロ撮影に便利な機能です。

つづいて、それぞれのレンズの特徴をみていきましょう。

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACROはフィルム時代から定評のあるレンズで「伝説の名玉」ともいわれるレンズです。

やわらかい描写と自然なボケが特長で、マクロ撮影のほかポートレート用としても人気のレンズです。D FA100mmよりも安く買えるのも魅力で、中古なら2万円前後で手に入ることもあります。

ただ、ペンタックス用は2004年発売のものが現行品で、今のレンズに比べると設計が古いところがあります。また、防滴仕様ではないため、水に濡れるような場所での撮影はNGです。

が、一度このレンズの描写を知ると、やみつきになる魅力があります。

TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO ファーストインプレッション
今回は、TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACROを実際に使ってみた感想をかいてみよう。 先日の記事では、AFとMFの切り替えが分からず...

smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR

「smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR」は、ペンタックス純正のマクロレンズです。

中古で「smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8」が安く出ていることがありますが、現行品は「smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR」になります。

開放からキレのある画質がたのしめるレンズで、マクロ撮影から中望遠レンズとしての撮影までオールマイティにたのしめます。

簡易防滴、QSFS(クイックシフト・フォーカス・システム)対応も純正だからこそ。純正マクロなら必携!という声も多いレンズです。

タムロン90mmに比べるとボケはやや硬め。シーンによっては、二線ボケやパープルフリンジが出る場合があります。

描写のタムキューvs使いやすさの純正

ここからは、選ぶポイントをピックアップして書いていきます。

描写

画質に関しては両レンズとも非常にすばらしいものがあります。

やわらかさのタムロン90mmか、ほどよいシャープ感のあるD FA100mmかといったところですね。

タムロン90mmはフィルム時代の流れを汲んだ写り、D FA100mmはいい意味でのデジタルらしさが感じられます。

描写に関しては、純粋に「どういう写真を撮りたいか」「どんな描写が好きか」で選んでよいかと思います。

ただ、いろいろな写真をみていると「smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WR」のほうは、二線ボケやパープルフリンジがやや出やすいような印象があります。

操作性

D FA100mは基本機能に加えて、QSFS(クイック・シフト・フォーカスシステム)がついています。

AFからMFの切り替えがシームレスにできる機能ですね。AFが苦手な被写体でも、そのままピントの微調整ができるのは本当に便利です。

TAMRON 90mmはこの機能がないので、普通のレンズと同じようにAFとMFを切り替えながら撮る必要があります。

簡易防滴

D FA100mmは簡易防滴になっていますが、TAMRON 90mmは防滴仕様ではありません。

簡易防滴であれば、多少の水分は気にせずに撮ることができます。このあたりは撮るシーンにもよるかと思いますが、雨を気にせずに撮りたい場合はD FA100mmは便利ですね(本体も防滴仕様の場合)。

私の場合

おしまいに、私の場合を書いておきます。私は迷いに迷って、TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACROを選択しました。

機能的にはD FA100mmのほうが便利そうだったのですが、両レンズの撮影例をみているうちに、タムキューならではの描写に惚れ込んでしまいました。

非常に満足しているのですが、撮影している時にたまに「ここでQSFSが使えればなあ」と思うこともあります。

どちらを選んでも後悔しないけれど、片方を買うともう片方が気になる。買ってからも悩ませてくれるレンズたちでもあります(笑)。

PENTAX
スポンサーリンク
photo-r3をフォローする
この記事を書いた人
r3
photo-r3の管理人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。OLYMPUS、Nikon、PENTAXなどのカメラを使っています。
photo-r3をフォローする
photo-r3
error:Content is protected !!